以遠


思い出の
うしろ姿に手をふる

陽炎がゆれて

思いのほか
すでに遥か遠い