LOVE


僕が死んでも
泣かないくらい気丈な君が
情けないほど好きだった

無慚なまでに優しい声で
しなやかに潰された心臓
それだけが僕の全て