ルクス


優しく噛み切る薄い皮膚
小指からゆるく流す彩りで
僕はひとり
夜空に軌道を描く

寂しくなんかないよ
必ず見せてあげるよ

僕が生まれる前から
既に死んでいる星
歪んでぼやける輪郭
決して届くことはない

寂しくなんかないよ
必ず見せてあげるよ

約束はしない
誓うことはできない
いつかきっと失う
そのときは泣いてみせて