まほろば


まだ草が青かったから
終わらないものを探してた

本当はその結末を
誰よりも知ってた

絶対に理由をつけないで
せめて僕たちだけは

ばいばい 朝に見たまほろば
全て君にあげるよ

輝く太陽と
優しいため息を
明日をわらう君に